はじまりの日々

「少ないモノで豊かに暮らす」へ向かう日々の足跡

同じ時間を過ごす幸せ

昨日の中秋の名月

部屋を暗くして、家族4人で窓から見上げるお月さまは、

とても綺麗でした。

 

和菓子やさんで買ってきたお月見セット、

真っ先に、お母さんは栗きんとんがいい、と主張すると、

どーぞ、どーぞと、夫も子ども達も譲ってくれました。

嬉しい、どうもありがとう。

f:id:colorleaves:20201001112443j:plain

娘はうさぎの焼印のお饅頭、

息子は萩のきんとん、

夫は満月の浮かぶ寒天菓子を頂き、

白味噌あんのお月見団子は4つあったので、一つずつ、

すすきの焼印のお饅頭も、4分の1ずつ分けました。

 

クレーター見えるかなと、娘が双眼鏡を取りに行き、

見せて見せて…と順番に観察したり、

寝る前のほっこりとした良い時間が過ごせました。

家族揃っての時間を持てることの、幸せ。

 

今から2か月前の7月末、

夫に転勤の打診がありました。

その話を聞いたとき、

えー、転勤でここ来て1年半よ?

息子なんて、小学校入学していきなり休校で、

6月から学校始まって、やっと慣れたとこで転校なん?

と、心の中で思ったことがそのまま口から出てくるくらい

思考停止、驚きました。

会社も、子ども達のことを考えて、

今回は10月1日から単身赴任で…という話とのこと。

え、単身赴任?

 

その日から、

暮らしに最低限必要なものって何やろう?と、

頭でモヤモヤ考える日が続きました。

単身赴任で必要なものは何やろう、

月に2回帰ってくる夫に必要なものは何やろう、

結局、単身赴任の転勤は保留になり、

10月1日は、家族一緒にお月見することができました。

 

まだ保留の状態なので、

単身赴任するかもしれないし、

家族みんなで引っ越すかもしれない。

身軽に動けるよう、

家にあるものは必要なものだけ、の状態にしたいと考えています。