はじまりの日々

「少ないモノで豊かに暮らす」へ向かう日々の足跡

おじさんかおばさんか問題と、1%

髪を切って

ベリーショートヘアになりました。

 

2年半前にショートボブにしましたが、

そこから伸びて肩に掛かる長さになり、

半年に一度のペースで切って、

一つに結べる長さをキープしていましたが、

だんだん白髪が増えてきた気がするので、

ショートカットにしたくなりました。

colorleaves.hatenablog.com

 

 

 

最近、近所にヘナカラーができる美容室が

オープンしたので、

勝手に自然派(?)のイメージで、

行ってみることにしました。

 

 

カットしてもらいながら、

私の髪の白髪率を訊いてみると、

「1%。うん、2%もない…1%。」と教えて下さいました。

めっちゃ増えてきたと思ってたけど、1%?!とびっくりすると、

トップの表面にあるから多く感じるけれど、

後ろも内側もほぼないから1%、とのこと。

自分だと気になるところを

どんどんクローズアップして考えてしまうけれど、

客観的なプロの言葉を聞く、というのも大事ね。

 

柔らかくて細いくせ毛だから、

ショートカットでクリクリにしてたら、

顔の雰囲気とも合って、

白髪も可愛く見えますよ、と優しいお言葉も頂けました。

いやぁ、ほんと優しい…

この先ずっとショートカットにしよう。

 

髪を短くすると、

「パッと見て、おじさんかおばさんか分からない問題」が

発生するのだけれど、

夫と子どもたちに訊いてみると、

「大丈夫大丈夫!ちゃんとしっかりおばちゃんに見える!」と

返ってきたので、ちょっと安心。

おじさん化しないよう、気をつけよう。

 

 

///////////

写真は少し前に見た虹。

明け方に雨がやんで、7時前に発見!気づけて良かった!

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださりありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

梅仕事、着々と

白干し梅作りを着々と進めています。

今年も作るよ、白干し梅 - はじまりの日々

 

 

5キロ仕込むとして、

いっぺんに5キロ買ってきたら、

梅を追熟させる場所も5キロ分必要だけど、

1キロずつ時間差で仕込んでいくと、

省スペースで済みます。

 

ジップ付き袋に塩と梅を入れるだけで、

数日後には水分(梅酢)が出てきて

全体的なかさも減るのでコンパクトになります。

 

 

 

いっぺんに仕込んで、

半年後いっぺんに食べ頃になっても、

1キロ食べるのに数か月は掛かる訳だし、

梅のシーズン、5~7日に置き仕込めばいいやん~

仕込むのも、梅1キロと塩180gを袋に入れるだけやし。

 

 

白干し梅とともに、

梅酢もできますが、

梅酢に胡麻油を合わせてドレッシングにすると、

レタス、モリモリ食べられます。

(写真、水切りが雜で失礼します)

 

 

食品衛生法の改正によって、

道の駅などで売られていた、

おじいちゃんおばあちゃん特製の

無添加漬物系が消えていく時代、

簡単で楽にできちゃうものは、

自分で手を動かして作るのも

いいんじゃないかと思います。

 

 

 

 

いつも読んでくださりありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

水筒のパッキン交換

夫が毎日使っている

水筒のふたのパッキンを交換しました。

 

何となく中の水が漏れる感じがするから、

パッキンを新しくしたい、という夫からの要望で、

ブログで確認すると、

ちょうど4年使ったようです。

colorleaves.hatenablog.com

 

 

 

水筒は塗装が剥げてきたり、

落としてボコボコへこんでいたりしますが、

夫は気に入ってるからまだ使うというので

買い替えず、パッキン交換。349円也。

 

 

最近、シームレス水筒という、

ふたとパッキンが一体化したものがあって、

普段のお手入れが楽とか、

パッキン付け忘れて水漏れする心配なし、とか、

いろいろ良いこと宣伝しているけれど、

パッキンが緩くなってきたら、

ふたごと全部交換することになるよなぁ…と思ったり。

使っているシームレス水筒のふたが

別売りしていなかったら、

そのまま全部廃棄もありうるし。

 

 

今使っているタイガーの水筒は、

本体、ふた、ふたのパッキン、の3パーツなので、

それほど日々のお手入れが面倒でもないし、

パッキンだけ交換できる方が、

ものを長く使えるだろうなぁと思うので、

うちでは

シームレスよりパッキン別タイプを選びます。

 

 

 

 

いつも読んでくださりありがとうございます